TEL:03-5724-4427

背景の描き方その4、そうなんだ!透視図法

こんにちは!担当Sです。

今回は4回にも及んでしまった透視図法の説明、最終回です。

予告通り、3点透視図法を説明していきます。
この3点透視図法はビルなどの高い建物を描く時によく使います。
こちらの図のように図形の上部が高ければ高いほど
見ている人から遠くなるので、高さにも奥行きがあると考えてください。

では、下のような感じの立体を描きたいとします。


いつものように適当なところに水平線を引きます。
点を2つ打って2点透視図法の準備をします。

次に図形の上部の線を伸ばしていって、線が交差したところに点を打ちます。

この点が3点透視図法の3点目になります。
さらに、この3点目から垂直に線を描きます。

この垂直の線を引くと3点に向って高さの線が集中していることが
分かりやすくなると思います。

後は、それぞれの点から描きたい図形になるように線を引いていきます。

要らない線を消せば、出来上がりです!

いかがでしたでしょうか。
今回、説明した透視図法の描き方は、
絵を描くヒントくらいに思っていただければと思います。

描きたいように描いていく、
その手がかりに透視図法を使ってみてください。

最後に、
先程の図形から更に線を足していくと、
ビルっぽい絵が描けたりします。

今回は適当に描いていますが、
しっかりパースに合わせた絵を描きたい時は
パースの分割法を活用してくださいね。

(少し線が歪んでいるように見えますが、
直線しか引いていません。
これは錯視という現象です)